So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
前の4件 | -

斎藤佑樹投手の現在 第二の野球人生が始まる [スポーツ]

高校野球時代には「ハンカチ王子」の異名をとって、
ヤンキースで(怪我しましたが)大活躍の田中将大投手と
競い合った、斎藤佑樹投手。

saitouyuuki.jpg


あの、厳しい張本勲さんが、斎藤佑樹投手をこんな風に評価していたとは知りませんでした⇒



また、、プロに入ってからは、元楽天阪神、ヤクルトなどの監督を歴任した、
野村克也さんから、
低めへのコントロールの秀逸さを褒められ、「よい配球をすれば毎年10勝以上できるよ」と評価
されていたほどで、

プロ1年目2011年は6勝したものの、6敗
2年目も5勝8敗と、期待ほどの活躍はできず、

2012年の11月には、右肩の関節唇損傷と診断され、
2013年の1軍での登板は、1試合のみとなり、

2軍でも、9失点するなど、高校、大学時代のような輝きを失ってしまっていた。


もういよいよ、戦力外という文字もちらつき始めた今年、
7月31日の対ロッテ戦の試合で、先発、
6イニングを6安打、ソロ本塁打による1失点で抑え、

2012年6月6日の対広島戦以来785日ぶりに勝利投手となりました。

「これから僕の第二の野球人生が始まります」と、ファンへの感謝とともに、
気持ちを新たにしたようです。

ピークは高校で終わったというようなことも言われている
斎藤選手ですが、

まだまだ、これからどうなっていくかわかりませんが、
これをきっかけに上がっていってほしいですね。

「山の神」柏原竜二「これからは単なる凡人に…」ツイート 今現在は? [スポーツ]

yamanokami.jpg

毎年正月にテレビでも放送されている、
箱根駅伝」が、一部ルート変更を行うという。

この変更に伴って、これまでの記録は「参考記録」になるため、区間記録などの
記録も、公式ではなく、「参考」になる。




これを受けて、
2009年から4年連続で箱根駅伝山登り区間5区の区間賞を獲得し、
「山の神」と呼ばれた、柏原竜二選手が

「安全のためならならしゃーなし!」

「さてはて、これからは単なる凡人になるのでありがたやですよ。
街中を歩きやすくなるです」

と、少し複雑な胸中をツイートしています。

現在柏原竜二選手は、富士通陸上部に所属していますが、
学生時代ほどの活躍はできていないようです。

「過去の栄光」が「参考記録」じゃやっぱりちょっと寂しくなりそうですよね・・・。

ちなみに、今回のルート変更は1931年に完成したトンネル
函嶺洞門(神奈川箱根町)が老朽化などで、安全性が危惧されることから、
14年2月7日付で通行禁止になったことによるそうです。

イチロー、ダルビッシュ投手を「今のメジャーでベストの1人」と絶賛 不仲説? [スポーツ]

daru001.jpg

ヤンキースイチロー外野手(40)が、7月28日の試合で、
ダルビッシュ投手と対戦し、

3打席無安打と、抑え込まれ、
今期の今までの通算成績も5打数無安打と、抑えられている。




28日の試合後に、取材陣から、ダルビッシュ投手の印象を尋ねられて、

「少なくとも、去年までの試合では『いい投手だな』という印象」と話し、
「でも、今年は『ごっつい感じ』がする」と表現した。

また、「確実に今のメジャーの中で、少なくとも僕にとってはね、ベストの1人ですよね。」
「ベストは何人いるかわからないですけど」と語っています。

この試合で、ダルビッシュ投手は10勝目とし、メジャーデビュー以来3年連続
2桁勝利を達成。

日本選手では野茂英雄氏以来、2人目ということです。

いやあ、まだ、27歳で速球も一級品の上に、球種も豊富、
超スローカーブなどを絡め、投球術も巧みと、
これからどんなすごい選手になっていくか楽しみですね。

最初のころは、喫煙問題とかで、どうなることかと思いましたが、
近頃のテレビ出演の時の話を聞いてても、かなりストイックに
野球のことについて取り組んでいるようだし、

かなり自分の体についても熟知している様子で、
なかなかケガなんかもしにくそうですよね。

これからも活躍に期待です。

また、一部週刊誌で「イチロー選手との不仲説」
がささやかれたダルビッシュ投手。

週刊誌では、「WBCで一緒になった際に衝突した」時以来
不仲であるという風に書かれているようですが、

これに対して、ダルビッシュ投手は自身のツイッターで
「仲良くさせていただいてます。怒られたことなんてないですよ」と完全否定していた。

まあ、本当はあまりよく思っていなくても、「はい、仲悪いです」とは
言えないですよね。

イメージですけど、イチロー選手って、野球にまじめな若手に関しては
好きそうですけどね。

第1回のWBCで、練習の時に、松坂投手に
「お前、どこかでなめてやってるだろ?」みたいなこと言って詰め寄ってましたが、

そういう、力を出し切ってないような選手は嫌いそうですねw


ブラジル代表 ネイマールを骨折させた スニガ選手 報復声明 [スポーツ]

neima-ru.jpg

7月4日に行われた、ワールドカップサッカー準々決勝、
ブラジル対コロンビアの試合で、

ブラジル代表のネイマール選手が、コロンビア代表のスニガ選手に
背後から激しいチャージをうけ、転倒、そのままなかなか起き上がれない
状態になり、検査の結果「腰椎骨折」と診断された。

あなたの知らない85のネイマール⇒

これを受けて、ネット上ではスニガ選手に対する批判で炎上状態。
そのうえ、ブラジルマフィアから、スニガ選手に対する報復声明が発表
されるなど、物騒なことになってきてます。

suniga.jpg

また、ネイマール選手が不在の影響か、本日行われた準決勝

ブラジル対ドイツでは、ブラジルが6分間の間に4失点、その後も失点を重ね、
7-1で歴史的大敗。

原因がネイマール選手の不在だけではないとしても、スニガ選手に対する
風あたりは一層強くなってしまうでしょうね・・・。

また、このブラジル代表敗退を受けて、サポーターが暴徒と化して、
バスに放火が各地で起こったり、店の商品の略奪なんかも
起こっているようです。

しかも、南米系のマフィアとかギャングといえばかなり過激で、
警察も手を付けられなくて軍隊が出てきてやっと収まるくらいの地方も
あるみたいですから、

コロンビアと、そんなに離れていないスニガ選手のこれからが心配ですね。

ヨーロッパとか南米のサッカー熱は恐ろしく高いですからね。
活躍しなかった選手が、試合中に射殺されるというようなこともあるくらいですから、

少なくとも、南米リーグとかではスニガ選手はプレイできないかもしれませんね・・・。


前の4件 | - スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。