So-net無料ブログ作成

[号泣動画あり]号泣した兵庫県議・野々村議員の正体と異常な過去 [政治]

nonomuraryuurtarou.jpg

兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47)が
2013年度に195回の日帰り出張をして政務活動費から
約300万円を支出していた問題で、

釈明会見上で、記者たちの質問に対して、追い詰められ、
駄々っ子が言い訳をしながら泣いているかのように、
号泣し、支離滅裂な発言をしたことで、

兵庫県には、批判の電話などが殺到しているということです。
僕も兵庫県民として恥ずかしいですね。

野々村議員は今回の問題によって、世間からも一気に
注目されましたが、どうも、周りの関係者からすると、

普段から、独特な(異常な?)人物で、困惑することも
しばしばあったようです。

たとえば、同僚議員の丸尾牧県議(49)は
「ああ見えて、政治活動はマジメな人だったが、感情の起伏も激しい」と語る。

丸尾議員と野々村議員は、昨年、新年度の委員会選出で同じ常任委員会入りを希望したそうですが、
委員長の調整によって、丸尾議員だけが委員入りを果たしたということがあった。

その時に、野々村議員は丸尾議員に対して
「この恨みは一生忘れない」というような、稚拙なメールを送ったそうです。

その後も、丸尾議員のことを無視する、一緒に行動を起こそうと
誘っても、怖い顔で「結構です」と断るなど、丸尾議員としては、
政治活動がやりにくいような状態だったようです。

また、議会でも
「仏の野々村竜太郎が龍神と化して龍がごとく、議会を焼き尽くす」
というような意味不明な発言をしたこともあるという。

説明に訪れた市職員に対しても、声を荒げて対応するようなこともあり、
理解に苦しむ「逆恨み」をするので、みんなが距離を置いて接しているというような
人物のようです。

そんな人が議員になれるなんてね・・・。







塩村文夏に対するセクハラやじ 鈴木都議が謝罪も議員辞職は否定 内容は?アイドル時代の画像とは? [政治]

siomurahumika.jpg

セクハラって、こういうことだったんですね⇒


東京都議会の女性議員 塩村文夏・都議(35)の一般質問中に

鈴木章浩・都議(51)が、「早く結婚しろ」「産めないのか」などと、セクハラと
問われてもおかしくないような野次を飛ばしたことで問題になり、

23日、東京都庁で会見。冒頭に「心からおわびしたい」と謝罪し
深々と頭を下げたということです。

今回のやじは「議員辞職に値する」とされていたが、

今後については「しっかり反省し、原点に立ち返って頑張りたい。
お許しいただけるのであれば、議員は続けたい」と議員辞職は否定した模様。

一方「野次」についても、
「意図は全くございません。塩村議員を誹謗(ひぼう)するためではない。
少子化・晩婚化の中で、早く結婚していただきたいという軽い思いから」

などと言い訳しているようですが、議員になる人の品格というものが
いかに低いかというのを表している、というか、
国民からそうとられても仕方のないような低俗な発言としか
言いようがありませんね・・・。

こんな人たちに税金を使われているとは、やり切れません。

しかし、塩村文夏さんは、昔はグラビアに出てたりしたんですね
その画像がこちら↓

siomuraayaka.jpg
siomuraayaka002.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。